共存できぬ傾き -企画室リノベ vol.3-

企画室のリノベーション、3日目となる本日は「床板の貼り替え」を行いたいと思います。

前回の様子はコチラから↓

後戻りできぬ大撤去 -企画室リノベ vol.2-

効率良く回していくため、2つの班に別れて作業を開始!

床を剥がす社員

前回に引き続き“床の撤去チーム”と、

床板をビス留めする社員

“新しい床に貼り替えチーム”が同時進行で作業を進めていきます。

2日目になるとメンバー全員手慣れたものでテキパキと工具を操り、床板が一新されていきました。

本日の山場

さて、順調に思える床板の張替えですが、ひとつだけ大きな問題があります。

今回の山場と言える課題ですが・・・

一部の床が傾いています。

「どのくらいの傾いてるの?」 と問われれば、

「立ってるだけで違和感を感じるレベル」

と即答してしまうレベルの傾きです。

正確に測ってみると奥側に向かって斜め方向に下がっているようで、面積的にも広範囲でした。

「剥がして貼り替えればOKっしょ!」と甘く考えていた頃が懐かしいです。

そんな感じで今回のリノベーションに「床の傾き」を含めて修繕していくミッションが新たに加わりました。

水平を図ろう!

レーザー水平器登場

本日の主役「レーザー水平器」。
その名の通りレーザーで水平を図るための道具です。(まんまの説明・・・)

本体を“水平の状態”にしてスイッチを押すと、

壁に照射されたレーザー線

壁には一筋のレーザー線がポワ〜っと浮かびます。

床から糸を貼る

この線を参考に蛍光色の糸をピンと貼りテープで仮止め。

この作業を黙々と繰り返し、部屋の四方に水平線をマーキングしていきます。

床から糸を貼る2

黙々と・・・





床からの水平を測る

糸貼りが終わったら次は水平の基準となるポイントを決め、床から糸までの距離を計測。(今回は床から16cmでした)

この作業を30cm間隔で行います。

床からの水平距離をマーキング

沈んでいる床のエリアに近づくほどにジワジワと数値のズレが発生していきます。(この場合16cmから3cm沈んでいるという意)

傾きの補正を開始

部屋全体の床がどんな状態なのかを把握した後、傾いているエリアの改修に入ります。

床材の下に梁を置く

まずは沈下が激しい箇所を起点に、木材を段階的に並べ勾配を付けるところからスタート。

床を水平にしていく1

ベニヤ板を被せて水平になっているかを計測。

実際に上に乗ってみて感覚的に違和感がないかチェックも入念に行いました。

床を水平にしていく2

横から見てみると結構な勾配になっていることがわかります。ちなみに一番下がっている箇所は「6cm」でした・・・。

数値で見てみると結構な傾斜だったことに驚愕です。

床を水平にしていく3

ポイントによって波打っている傾きに対応すべく、「1.2mm/5mm/2.5mm厚」のベニヤ板をカットしてスペーサーを作成。

これらと端材とを組み合わせて「水平」を構築していきますが、組んではバラし、バラしては組み立てての連続でなかなか骨が折れる作業でした。

床を水平にしていくが途方に暮れる

時間が来たので本日の作業はここまで。

続きは週明けになります。

(´-`).oO(いつまで掛かるんやコレ・・・)