ノスタルジックなプラモデル屋さん

矢掛町にあるプラモショップ「エラヤ」を訪問。

4年前の真備町水害で売り物の大半が水没してしまい、
「一度は閉店を決めたものの周囲の応援の声に応える形で残った在庫で再建を果たした」
という経緯のあるお店です。

店内は独特の「昭和」を全面に押し出した空間で、今の年号を一瞬忘れてしまう感じ。

真剣に箱を吟味しているモデラーと店主が交流する様子を見てると、こちらまで気持ちがホッコリしてしまった次第です。

前の記事

今年の新作

次の記事

発想の転換